薬 名前

薬の名前の特徴を知る

医薬品には、製品名と成分名、化学名があります。

製品名は一般用医薬品ひとつひとつに付けられた名前で、薬の本体や包装材に日本語表記されています。

シアリスの個人輸入
>>シアリスの正規品はコチラから確認<<

成分名はその薬の主成分の名前で、化学名は、水だったらH2Oと表記される科学的な名前です。

医薬品の名前には様々な名前が付けられていますが、ダジャレのような名前のものも多いですね。

特に、小林製薬は、「熱さまシート」や「カゼピタン」「ズッキノン」などのわかりやすい名前のものが多いです。

これは、昔からずっと必要な薬を間違わないようにわかりやすい名前を付けることが多かったようです。

頭痛なら「ケロリン」腹痛なら「ハラピタン」など誰にでもわかりやすい名称を付けることによって、認知度を高めたりする効果もあります。

その他にも、薬の成分名を付けている医薬品もあります。

これらは、病院で実際に処方されている成分を名前に付けて全面的にクオリティーをアピールしていると考えられますね。

「ガスター10」や「ブテナロック」などがあります。

また、「正露丸」や「葛根湯」「救心」などは、昔から名前を変えずにいますが、これもロングセラーという安心感をアピールしたものと考えられます。

いろいろと見てみると、薬の名前も様々な付け方がされていて製薬会社の努力が垣間見れる気がします。

一方、医療用医薬品はというと、ブランド名+剤型+含量とすることが原則となっています。

例えば「ソレトン錠80」というと、ブラント名が「ソレトン」剤型が「錠」含量が「80」となります。

ジェネリック医薬品については、ネーミングに関して同一成分で多数の銘柄のジェネリック医薬品が存在すると紛らわしく、薬剤の取り違えなどの問題が生じてしまう恐れがあるので、含有する有効成分の一般名称に剤型、含量および会社名を付ける事と決められています。

ただ、患者が覚えるのは難しい名前になりますが、取り違えがあるよりはこのような統一がある方がいいですね。

>>シアリスの詳細について<<