シアリス 禁忌

シアリスの禁忌で気をつけること

EDの治療薬として注目を集めているシアリスですが、食事の有無にかかわらず服用が可能であること、バイアグラなどと比べて服用後長時間にわたって勃起機能改善効果が認められていることなど、これまでのED治療薬にはない、自由度の高いものと言えます。

日本国内におけるシアリスの扱いは医師の処方を必要とする医薬品なので、安全に服用するためには、医師の指導などが必要とされます。

シアリスの個人輸入
>>シアリスの正規品はコチラから確認<<

ED治療というだけあり、他の人に知られたくない事や、病院に通う時間がない事、保険適用外のため、高額であることなどから、海外で販売されているシアリスを個人的に輸入代行業者を介して購入する方が増えていて、そのリスクが問題となっています。

海外製品は日本国内で販売されているシアリスとは異なり、厚生労働省による安全性と有効性が確認されていません。そのため、自己責任での使用となります。

シアリスは禁忌と言われる、併用してはいけない薬や、持病がある方などへの使用が禁止されています。

シアリスの併用禁忌薬は硝酸薬(しょうさんやく)と言われる血管拡張薬の一種です。

飲み薬・舌下錠・貼り薬・吸入薬・注射・塗り薬・スプレーなどのタイプがあり、虚血性心疾患でよく用いられ、代表的なものは三硝酸グリセリンです。

このような薬を服用している場合にシアリスを併用すると過度に血圧を下げる危険性が高い為、処方が禁止されています。

また、心血管系障害、心筋梗塞、脳梗塞、脳出血、低血圧、高血圧、重い肝障害などの方にもシアリスの処方は危険性があるため、処方されません。

シアリスの服用を考えている方で、心配がある場合には、個人的に購入するのではなく、必ず医師への相談をしましょう。

命の危険性がある場合があります。

また、シアリスの副作用として、頭痛、火照り、消化不良などの副作用の報告がされています。

気になる症状のある場合には、直ちに服用を中止し、医師または薬剤師に相談するようにしましょう。

>>シアリスの正規品はこちらを確認<<