薬 扁桃腺

扁桃腺の薬についての知識

扁桃腺が普段から腫れているという方は稀にいらっしゃいますが、このような方は、風邪などをひくときに、やはり喉からくることが多いようです。

 

このような方は、のどにイガイガがあった時など、早めの対処が大切です。

 

シアリスの個人輸入
>>シアリスの正規品はコチラから確認<<

 

のどに直接スプレーするタイプのものもありますが、薬局に売っている炎症鎮痛剤も効果的です。

 

扁桃腺の腫れというのは、のどの炎症なので、炎症を抑えることができる、消炎鎮痛剤であれば、市販薬のなかでも効果的な薬と言えます。

 

また、扁桃腺の腫れの場合には、高熱が出てしまう事が考えられますので、解熱作用のある消炎鎮痛剤や、風邪薬が効果的と言えます。

 

また、うがい薬を使うのも効果的です。

 

うがい薬は直接喉の炎症を抑えてくれます。

 

うがい薬で有名なイソジンには、殺菌作用がありますが、傷や炎症には良くなく、再生を抑制してしまいますので、炎症を抑える作用のあるうがい薬を選びましょう。

 

うがい薬は、消炎鎮痛剤などの飲み薬との併用もできます。

 

しかし、扁桃腺の腫れは、高熱などが出ることが多いので、違和感を感じたらできる限り病院を受診することが一番です。

 

病院を受診すれば、市販薬よりも効き目の強い薬を処方してもらえますし、扁桃腺の炎症には、ウイルスなどの菌が原因の場合が多いので、抗生物質を処方してもらうのが一番です。

 

この場合には、風邪薬には原因となる菌を殺してくれる成分が入っていないので、治りにくくなってしまいます。

 

市販薬はあくまでも、日曜日で病院がやっていない時や仕事などで病院にいけない時などの緊急時の対処として使用するのが一番です。

 

また、扁桃腺の炎症の場合にはウイルスが原因の事が多いので、口の中の菌がのどに下りて炎症などを起こさせないようにするために、のどの痛みを感じた時には、歯磨きを1日5〜6回行う事も効果があるようです。

 

ウイルスが一度ついてしまうと、ウガイだけでは落ちないことが多いようなので、参考にしてみてはいかがでしょうか。